2019年のPO結果振り返り、受渡日に最も儲かった銘柄と損した銘柄は?

2020年になってしばらく経ったので、2019年の公募・売出(PO)結果を振り返り、勝率や平均騰落率、受渡日に最も儲かった銘柄と損した銘柄を確認してみます。

2019年は日経平均株価が前年比で18%以上上昇した年でしたが、POを実施する企業は少なかったです。国内募集のあったPOは、2018年には109件ありましたが2019年は65件と大幅に減少しました。

2019年のPO結果まとめ

2019に国内募集のあったPOは65件あり、そのうち受渡日の始値が発行・売出価格を上回ったケースは47件(勝率は72.3%)、平均騰落率は+2.1%でした。

2019年のリートのPO結果

リートに限定してみると、POは30件あり、そのうち受渡日の始値が発行・売出価格を上回ったケースは28件(勝率は93.3%)、平均騰落率は+3.5%でした。

2019年のリートを除いたPO結果

リートを除くと、POは35件あり、そのうち受渡日の始値が発行・売出価格を上回ったケースは19件(勝率は54.2%)、平均騰落率は+0.9%でした。

2019年のリートを除いた貸借銘柄のPO結果

リートを除くと、貸借銘柄のPO(PO発表日に売り禁となったものは除く)は17件あり、そのうち受渡日の始値が発行・売出価格を上回ったケースは13件(勝率は76.4%)、平均騰落率は+3.1%でした。

2019年のリートを除いた信用銘柄のPO結果

リートを除くと、信用銘柄のPO(PO発表日に売り禁となった貸借銘柄も含む)は18件あり、そのうち受渡日の始値が発行・売出価格を上回ったケースは6件(勝率は33.3%)、平均騰落率は-1.2%でした。

最後に

2019年は件数は少なかったですが、平均騰落率は+2.1%と2017年、2018年よりも良かったです。日経平均株価が前年比で18%以上、REIT指数に至っては20%以上上昇していたので、その影響も大きかったとみられます。

関連記事>>2017年のPOを振り返ってみる。受渡日に最も儲かった銘柄と損した銘柄は?

関連記事>>2018年のPO結果まとめ、勝率や平均騰落率は?受渡日に最も儲かった銘柄と損した銘柄は?

最後に、受渡日に最も儲かった銘柄と損した銘柄を発表します。

受渡日の始値で売って儲かったランキング

公募株を受渡日の始値で売って儲かった銘柄上位

銘柄 発行売出価格 受渡日の始値 騰落率
Lib Work 1,083円 1,190円 +9.9%
三菱地所物流リート投資法人 335,887円 368,000円 +9.6%
串カツ田中ホールディングス 1,922円 2,099円 +9.2%
MCUBS MidCity投資法人 110,760円 120,300円 +8.6%
日本プロロジスリート投資法人 227,458円 245,100円 +7.8%

受渡日の始値で売って損したランキング

公募株を受渡日の始値で売って損した銘柄上位

銘柄 発行売出価格 受渡日の始値 騰落率
霞ヶ関キャピタル 6,237円 5,740円 -8.0%
かんぽ生命保険 2,375円 2,204円 -7.2%
アルヒ 2,051円 1,920円 -6.4%
チェンジ 2,764円 2,636円 -4.6%
HEROZ 12,153円 11,690円 -3.8%

コメント

タイトルとURLをコピーしました