news

スポンサーリンク

8/18新規石原ケミカル (4462)が公募増資を発表。価格等決定日は8月28日(月)~8月31日(木)までのいずれかの日。
8/18新規ラクト・ジャパン (3139)が株式の売出しを発表。価格等決定日は8月28日(月)~8月31日(木)までのいずれかの日。
8/18新規日進工具 (6157)が株式の売出しを発表。価格等決定日は8月29日(火)~8月31日(木)までのいずれかの日。
8/18新規エスライン (9078)が公募増資を発表。価格等決定日は8月28日(月)~8月30日(水)までのいずれかの日。
8/18受渡マルコ (9980)の受渡日、始値(発行価格比)381円(-8.4%)でした。
8/16受渡アドヴァン (7463)の受渡日、始値(処分価格比)887円(+2.3%)でした。
8/9価格マルコ (9980)の発行価格は1株につき416 円、受渡日は8月18日(金)に決まりました。
8/9受渡マルマエ (6264)の受渡日、始値(発行価格比)1,336円(+1.1%)でした。
8/8受渡日本プロロジスリート投資法人(3283)の受渡日、始値(発行価格比)231,700 円(+1.7%)でした。
8/8受渡エスプール (2471)の受渡日、始値(売出価格比)3,150円(+8.5%)でした。
8/7価格アドヴァン (7463)の処分価格は1株につき867 円、受渡日は8月16日(水)に決まりました。
8/7注意アドヴァン (7463)は貸株注意喚起銘柄に指定されました。
8/3特集IPOチャレンジポイント目当てにマルコ (9980)を購入するのはありか?
8/3受渡イデアインターナショナル (3140)の受渡日、始値(発行価格比)1,081円(-13.3%)でした。
8/1価格マルマエ (6264)の発行価格は1株につき1,321円、受渡日は8月9日(水)に決まりました。
7/31価格日本プロロジスリート投資法人(3283)の発行価格は1口につき227,850円、受渡日は8月8日(火)に決まりました。
7/31価格エスプール (2471)の売出価格は1株につき2,904円、受渡日は8月8日(火)に決まりました。
7/31新規マルコ (9980)が公募増資を発表。価格等決定日は8月8日(火)~8月10日(木)までのいずれかの日。
7/31受渡日本コンセプト (9386)の受渡日、始値(売出価格比)1,250円(+0.7%)でした。
7/28新規アドヴァン (7463)が自己株処分を発表。価格等決定日は8月7日(月)~8月10日(木)までのいずれかの日。
7/26受渡ジャパンインベストメントアドバイザー (7172)の受渡日、始値(発行価格比)4,335円(+1.8%)でした。
7/25価格イデアインターナショナル (3140)の発行価格は1株につき1,247 円、受渡日は8月3日(木)に決まりました。
7/24新規日本プロロジスリート投資法人(3283)が公募増資を発表。価格等決定日は7月31日(月)~ 8月2日(水)までのいずれかの日。
7/24新規マルマエ (6264)が公募増資を発表。価格等決定日は8月1日(火)~8月4日(金)までのいずれかの日。
7/21特集【PO】IPOチャレンジポイント目当てにイデアインターナショナル (3140)を購入するのはありか?
7/21キャンペーンSBI証券がPO銘柄購入でIPOチャレンジポイントプレゼントキャンペーン実施!
7/21受渡出光興産 (5019)の受渡日、始値(発行価格比)2,649円(+1.9%)でした。
7/21受渡鎌倉新書 (6184)の受渡日、始値(発行価格比)1,707円(-2.8%)でした。
7/20新規エスプール (2471)が株式の売出しを発表。価格等決定日は7月31日(月)~8月3日(木)までのいずれかの日。
7/20受渡ひらまつ (2764)の受渡日、始値(処分価格比)613円(-0.8%)でした。
7/19速報出光興産 (5019)の公募増資について、東京高裁は、創業家側の即時抗告を棄却しました。
7/19受渡ユニゾホールディングス (3258)の受渡、始値(発行価格比)2,506円(+1.0%)でした。
7/18記事主幹事がSBI証券の公募増資銘柄には参加しない方がいい?
7/18新規イデアインターナショナル (3140)が公募増資を発表。価格等決定日は7月25日(火)~7月28日(金)までのいずれかの日
7/18価格ジャパンインベストメントアドバイザー (7172)の発行価格は1株につき4,260 円、受渡日は7月26日(水)に決まりました。
7/18価格日本コンセプト (9386)の売出価格は1株につき1,241 円に決まりました。受渡日は7月31日(月)です。
7/18速報出光興産 (5019)の公募増資について、東京地裁は、創業家側の差し止め請求を却下しました。