2017年のPOを振り返ってみる。受渡日に最も儲かった銘柄と損した銘柄は?

Pocket

サンフロンティア不動産を最後に、2017年に実施されたPOの結果が全て出揃いました。2017年のデータをまとめてみます。

2017年は、日本株が年間を通して好調だったこともありPO実施企業が前年より大きく増加していました。9月には日本郵政の巨額の株式売出しもあったため、例年に比べるとPOが話題になった年でした。

SPONSERD LINK

2017年のPOまとめ

2017年に発表されたPO(海外募集のみは除く)は105件あり、うち青森銀行1件が中止となったので実施されたのは104件でした。

受渡日の始値が公募価格を上回ったケースは79件(全体の76.0%)、平均騰落率は+1.69%でした。

受渡日の始値で売って儲かったランキング

公募株を受渡日の始値で売って儲かった銘柄上位

銘柄公募価格受渡日の始値騰落率
ルネサス825円955円+15.8%
ドリコム2,232 円2,506円+12.3%
スミダ1,196円1,340円+12.0%
百五銀行444円492円+10.8%
エスプール2,904円3,150円+8.5%

1位となったルネサスエレクトロニクスはディスカウント率が20%以上と大きかったため儲かりました。

3位、5位のスミダコーポレーションとエスプールは、ひふみ投信を運営するレオス・キャピタルワークスが買っていたようです。

受渡日の始値で売って損したランキング

公募株を受渡日の始値で売って損した銘柄上位

銘柄公募価格受渡日の始値騰落率
イデア1,247円1,081円-13.3%
内外テック3,745円3,365円-10.1%
マルコ416円381円-8.4%
TOKYO BASE3,283円3,050円-7.1%
フジ2,432円2,356円-3.1%

1位、3位のイデアインターナショナルとマルコは、SBI証券が主幹事で需給が悪かったです。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です