【PO】ヤマエ久野 (8108)が公募増資及び自己株式の処分並びに株式の売出しと東証本則市場への上場を発表!

スポンサーリンク

2020年3月2日、福証上場ヤマエ久野 (8108)が「新株式発行及び自己株式の処分並びに株式の売出し」と「東京証券取引所上場承認」を発表しました。

ヤマエ久野は、271万株の公募増資及び32万株の自己株式の処分並びに最大45万株のオーバーアロットメントによる売出しに伴う第三者割当増資を行い、金額にして41億円規模の資金調達を実施します。主幹事はSMBC日興証券です。発行価格等決定日は3月10日(火)から3月13日(金)までのいずれかの日を予定しています。

調達した資金は、現在福岡県筑後市にある筑後工場及び併設している筑後共配センターの福岡県内で
の移転を含む拡張に係る設立のための設備投資資金の一部に充当する予定です。

ヤマエ久野は、3月23日(月)をもって東証1部または東証2部市場へ新規上場する予定です。東証への上場後も福証での売買は可能です。

3月10日追記
ヤマエ久野の発行価格は1株当たり1,314 円(割引率6.01%)、市場は東証1部、受渡日は3月23日(月)に決まりました。

公募・売出し(PO)情報

銘柄名 ヤマエ久野
コード番号 8108
上場市場 福証⇒東証1部
新株発行 2,714,500 株
自己株式の処分 329,000 株
売出株数 0 株
OA売出 456,500 株
合計 3,500,000 株
希薄化 17.3%
売出株数の割合 0.0%
仮条件 4.0% ~ 6.0% ディスカウント
発行価格決定日 3月10日(火)~3月13日(金)のいずれかの日に決定
条件決定日 3月10日(火)
発行価格(ディスカウント率 ) 1,314 円(6.01%)
受渡日 3月23日(月)
受渡日始値(発行価格比) 1,281円(-2.5%
売出人及び株数 なし

幹事

  証券会社名
主幹事 SMBC日興証券
引受人 みずほ証券
引受人 大和証券
引受人 野村證券
引受人 東洋証券

企業情報

事業内容 九州主体に西日本が地盤の食品卸売り大手。量販店の物流受託事業、住宅・建材などに多角化
信用/貸借 貸借(売り禁
株主優待 なし

投資指標

2020年3月2日時点

株価 1,284円
時価総額 263億円
PER 8.64倍
PBR 0.52倍
配当利回り 1.56%

ヤマエ久野のPO評価(管理人の参加について)

ヤマエ久野が公募増資を発表しました。1株利益の希薄化や株式需給の悪化が懸念されます。

PO発表後、売り禁となっています。

東証への上場については好感されそうです。

POについては、貸借銘柄ですが即日売り禁となっているので見送り予定です。

関連記事>>信用銘柄のPO(公募増資・売出)に参加しない理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました