【PO】RS Technologies (3445)が公募増資及び株式の売出しを発表!

Pocket

2018年3月6日(火)東証1部上場RS Technologies (3445)が「新株式発行及び株式の売出し」を発表しました。

RS Technologiesは、最大146万株の新株発行を行い、金額にして105億円規模の資金調達を実施します。また、社長の方永義氏らを売出人として39.8万株の株式売出しも同時に実施します。主幹事はSBI証券 です。発行価格等決定日は3月13日(火)から3月15日(木)までのいずれかの日を予定しています。

調達した資金は、中国の合弁会社である北京有研RS半導体科技有限公司へ出資するために調達した借入金の返済資金、中国の合弁会社への増資資金、三本木工場の再生ウェーハ増産投資、台湾工場の再生ウェーハ増産投資に充当する予定です。

3月13日追記
発行価格は1株につき7,110円、受渡日は3月23日(金)に決まりました。

SPONSERD LINK

■公募・売出し(PO)情報

銘柄名RS Technologies
コード番号3445
上場市場東証1部
新株発行1,220,000株
売出株数398,000株
OA売出242,000株
合計1,860,000株
希薄化13.1%
自己株式を除いた発行済み株式総数に対する売出株数の割合3.6%
仮条件4.0% ~7.0% ディスカウント
発行価格決定日3月13日(火)~3月15日(木)のいずれかの日に決定
条件決定日3月13日(火)
発行価格(ディスカウント率 )7,110円(5.45%)
受渡日3月23日(金)
受渡日始値(発行価格比)6,710円(-5.6%)
調達資金の使途借入金の返済資金
増資資金
増産投資資金

■幹事

証券会社名割合
主幹事SBI証券 60%
幹事SMBC日興証券23%
幹事東海東京証券12%
幹事東洋証券2%
幹事三菱UFJモルガン・スタンレー証券2%
幹事株式取引なら岩井コスモ証券1%

■企業情報

事業内容半導体製造装置の調整に用いるテスト用ウエハの再生加工受託、ラサ工業から同事業を承継
信用/貸借信用
株主優待あり
3,000円相当のクオカード

■投資指標

2018年3月6日時点

株価8,170円
時価総額913億円
PER35.3倍
PBR15.79倍
配当利回り未定

■RS TechnologiesのPO評価(管理人の参加について)

RS Technologiesが公募増資と株式の売出しを発表しました。希薄化率は15%弱とそれほど大きくなく、売出しの規模は小さめです。

POについては、SBI証券 主幹事の信用銘柄なので不参加の予定です。主幹事がSBI証券 のPO銘柄の過去の結果は悪かったです。

主幹事がSBI証券の公募増資銘柄には参加しない方がいい?

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください