【PO】東海ソフト (4430)が公募増資及び株式の売出しと東証1部への昇格を発表!

スポンサーリンク

2020年2月6日、東証2部上場東海ソフト (4430)が「 新株式発行及び株式売出し」、「東京証券取引所及び名古屋証券取引所市場第一部銘柄指定承認」を発表しました。

東海ソフトは、19万株の公募増資及び最大14万株のオーバーアロットメントによる売出しに伴う第三者割当増資を行い、金額にして5億円規模の資金調達を実施します。また、水谷多嘉士氏や株式会社りそな銀行らを売出人として74万株の株式の売出しも実施します。主幹事は野村證券です。発行価格等決定日は2月17日(月)から2月19日(水)までのいずれかの日を予定しています。

調達した資金は、2021年3月末までに本社及びソフトウエア開発センター(仮称)開設のための建設用地取得資金及び社屋の建設に係る費用の一部に全額充当する予定です。

なお、東海ソフトは、2月27日(木)をもって東証2部から東証1部に昇格する予定です。

2月17日追記
東海ソフトの発行価格は1株当たり1,548円(割引率4.03%)、受渡日は2月27日(木)に決まりました。

公募・売出し(PO)情報

銘柄名 東海ソフト
コード番号 4430
上場市場 東証2部⇒東証1部
新株発行 197,000株
売出株数 743,000株
OA売出 141,000株
合計 1,081,000株
希薄化 7.2%
売出株数の割合 15.9%
仮条件 4.0% ~ 6.0% ディスカウント
発行価格決定日 2月17日(月)~2月19日(水)のいずれかの日に決定
条件決定日 2月17日(月)
発行価格(ディスカウント率 ) 1,548円 (4.03%)
受渡日 2月27日(木)
受渡日始値(発行価格比) 未定(%)
調達資金使途 本社及びソフトウエア開発センター(仮称)開設のための建設用地取得資金及び社屋の建設に係る費用の一部
売出人及び株数 水谷多嘉士 354,000 株
株式会社りそな銀行 120,000 株
株式会社三菱UFJ銀行 60,000 株
株式会社大垣共立銀行 60,000 株
三井住友信託銀行株式会社 60,000 株
水谷茂斗子 45,000 株
大川 稔 44,000 株

幹事

  証券会社名 引受株数
主幹事 野村證券 977,200株
引受人 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 37,700株
引受人 むさし証券 37,700株
引受人 みずほ証券 18,900株
引受人 SBI証券  9,500株

auカブコム証券株式会社からもお申し込み可能です。(2月8日追記)

企業情報

事業内容 独立系のソフト開発会社。名古屋に本社。IoT関連、組み込み、金融・公共が3本柱。堅実経営
信用/貸借 信用
株主優待 なし

投資指標

2020年2月6日時点

株価 1,890円
時価総額 88億円
PER 30.15倍
PBR 3.03倍
配当利回り 0.79%

東海ソフトのPO評価(管理人の参加について)

東海ソフトが公募増資と株式売出しを発表しました。1株利益の希薄化や株式需給の悪化が懸念されます。

上場後ちょうど1年なので期待されていたかもしれませんが、東証1部への昇格については好感されそうです。

POについては、小型の信用銘柄なので不参加の予定です。

関連記事>>信用銘柄のPO(公募増資・売出)に参加しない理由

関連記事>>【公募増資】1年後の株価から見た、良い増資・悪い増資【2017年】

【PR】先着3万名様限定LINE証券口座開設&初回取引で1,500円必ずもらえちゃう!
期間限定 2.6(木)-3.31(火)
1株数百円から手軽に投資、少ない資金ではじめられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました