【PO】タカミヤ (2445)が公募増資及び自己株式の処分並びに株式の売出しを発表!

スポンサーリンク

2019年8月26日、東証1部上場タカミヤ (2445)が「新株式発行及び自己株式の処分並びに株式売出し」を発表しました。

タカミヤは、100万株の公募増資及び260万株の自己株式の処分を行い、金額にして25億円規模の資金調達を実施します。また、最大54万株のオーバーアロットメントによる売出しを実施します。主幹事はみずほ証券です。発行価格等決定日は9月3日(火)から9月5日(木)までのいずれかの日を予定しています。

調達した資金は、12億円を当社の賃貸資産(仮設機材)の購入資金に、12億円を海外子会社への投融資資金に、残額を当社のソフトウェアERP(基幹業務システム)導入資金及び機材センター設備の拡充資金に充当する予定です。

9月3日追記
タカミヤの発行価格は1株につき643円(割引率3.02%)、受渡日は9月11日(水)に決まりました。

公募・売出し(PO)情報

銘柄名タカミヤ
コード番号2445
上場市場東証1部
新株発行1,000,000株
自己株式の処分2,600,000株
売出株数0株
OA売出540,000株
合計4,140,000株
希薄化8.4%
自己株式を除いた発行済み株式総数に対する売出株数の割合1.3%
仮条件3.0% ~ 5.0% ディスカウント
発行売出価格決定日9月3日(火)~9月5日(木)のいずれかの日に決定
条件決定日9月3日(火)
発行売出価格(ディスカウント率 )643円(3.02%)
受渡予定日9月11日(水)~9月13日(金)のいずれかの日
受渡日9月11日(水)
受渡日始値(発行売出価格比)642円(-0.2%
調達資金使途賃貸資産(仮設機材)の購入資金
海外子会社への投融資資金
ソフトウェアERP(基幹業務システム)導入資金及び機材センター設備の拡充資金

幹事

証券会社名割合
主幹事みずほ証券66%
引受人SMBC日興証券21%
引受人野村證券8%
引受人三菱UFJモルガン・スタンレー証券3%
引受人岡三証券2%

マネックス証券カブドットコム証券からも申込可能となりました。(8月27日追記)

岡三オンライン証券からも申込可能となりました。(8月28日追記)

企業情報

事業内容足場ほか仮設機材の販売・レンタル大手。新型足場を積極的に育成。韓国、ベトナムで生産
信用/貸借信用
株主優待なし

投資指標

2019年8月26日時点

株価708円
時価総額323億円
PER15.7倍
PBR2.13倍
配当利回り1.84%

タカミヤのPO評価(管理人の参加について)

タカミヤが公募増資及び自己株式の処分を発表しました。1株利益の希薄化や株式需給の悪化が懸念されます。

POについては、規模の小さい信用銘柄であるため不参加の予定です。

関連記事>>信用銘柄のPO(公募増資・売出)に参加しない理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました