【公募増資】リートのPO結果まとめ。勝率、平均騰落率、格付けによる違いについて

Pocket

ツイッターで「高格付けの銘柄は信用であっても利益が得られやすいという実際のデータはあるのでしょうか?」という質問を受けました。

高格付けのリートはパフォーマンスが良いイメージがありましたが、検証していなかったので、今回2017年と2018年のデータを確認してみました。ついでにリートのPOの勝率や平均騰落率についてもまとめています。

※格付けについては、広く取得されている日本格付研究所(JCR)からの格付けを主に利用しています。格付けの定義において、AとAAを比較した場合、AAのほうが高い格付けとなっています。日銀の買い入れ対象となるリートは、AA格相当以上とされています。

続きを読む →

Pocket

2018年のPO結果まとめ、勝率や平均騰落率は?受渡日に最も儲かった銘柄と損した銘柄は?

Pocket

マネーフォワードを最後に、2018年に実施されたPOの結果が全て出揃いました。そこで、2018年のデータをまとめてみます。

今年は、昨年よりもPO件数は増えましたが、小粒な銘柄が多かったです。市場からの吸収金額が1,000億円を超えたのは、ヤクルト本社ルネサスエレクトロニクスの2銘柄だけでした。

また、今年は市場全体が軟調だったこともあり、PO実施後の株価がさえない銘柄が多いです。特に、TATERURIZAPグループは、今年公募増資を実施していますが、市場でも話題になるくらい株価下落しています。

発行価格と本日(12月21日)の株価と比較すると、TATERUが82.9%、RIZAPグループは77.6%それぞれ下落しています。
(※RIZAPグループは公募増資後、株式分割を行っているので株価を比較する際は注意してください。)

続きを読む →

Pocket

【PO(増資・売出)】売り禁になったら参加はやめたほうがいい?勝率や平均騰落率は?

Pocket

読者様からコメントで「貸借銘柄の場合は参加予定と書かれておられますが、売り禁の場合は不参加なのでしょうか?」という質問を受けました。

個人的には、売り禁になった場合はできれば参加したくないのですが、2017年以降PO発表後売り禁になった銘柄の勝率や平均騰落率を検証してみます。

12月14日追記
データを更新しました。

続きを読む →

Pocket

ビジョナリーHDが売出で株価暴落、過去のPO中止銘柄の下落率は?

Pocket

7月25日(水)に株式の売出しを発表したビジョナリーホールディングス (9263)の株価が、売出し発表後大幅に下落しています。売出し発表日の終値は192円でしたが、7月27日(金)の終値は120円まで下落しており、2日間の下落率は37.5%になります。

ここまで下落してしまうと実際に売出しが行われるのか気になるところです。そこで、最近のPO中止銘柄の下落率を調べてみました。

PO中止の理由としては様々あるのですが、株価下落が要因となっていることが多いです。株価が下落してしまうと、調達金額が少なくなってしますので中止の原因になります。

続きを読む →

Pocket

信用銘柄のPO(公募増資・売出)に参加しない理由

Pocket

前日は、貸借銘柄のPO(公募増資・売出)に参加する理由について書いたので、今日は信用銘柄のPO(公募増資・売出)に参加しない理由について説明します。

結論から言うと、信用銘柄はヘッジできない上、パフォーマンスが悪く儲からないからなのですが、そのあたりを2016年~2018年のデータで確認します。

※信用銘柄は、一般的に空売りできない銘柄のことです。ここでは、貸借銘柄であっても、PO(公募増資・売出)発表日に売り禁になった銘柄及び発表以前から売り禁であった銘柄は信用銘柄として扱っています。

最終更新日2019年1月10日

続きを読む →

Pocket

貸借銘柄のPO(公募増資・売出)に参加する理由

Pocket

読者様から「「貸借銘柄なのでPOに参加します。」と記事に書いてあるがなぜ貸借銘柄のPO(公募増資・売出)に参加するの?」という質問を特にPO初心者の方から良く受けています。

そこで、貸借銘柄のPO(公募増資・売出)に参加する理由を説明します。2016年~2018年の貸借銘柄のPO結果についても振り返ります。

最終更新日2019年1月10日

続きを読む →

Pocket

2017年のPOを振り返ってみる。受渡日に最も儲かった銘柄と損した銘柄は?

Pocket

サンフロンティア不動産を最後に、2017年に実施されたPOの結果が全て出揃いました。2017年のデータをまとめてみます。

2017年は、日本株が年間を通して好調だったこともありPO実施企業が前年より大きく増加していました。9月には日本郵政の巨額の株式売出しもあったため、例年に比べるとPOが話題になった年でした。

続きを読む →

Pocket

主幹事がSBI証券の公募増資銘柄には参加しない方がいい?

Pocket

2017年7月18日(火)イデアインターナショナル (3140)が公募増資を行うことが発表されました。

今回、久しぶりに主幹事がSBI証券 だったので、過去の主幹事がSBI証券 の公募増資・売出銘柄の結果を調べてみました。

RIZAPグループまでの結果も加えて、内容を修正しています。(最終更新日2018/06/14)

続きを読む →

Pocket

出光興産の発行価格が仮条件の下限で決まったが、仮条件の下限決定は単純にお得と言えるのか?

Pocket

出光興産の発行価格は仮条件の下限で決まった!

出光興産 (5019)の発行価格は 、7月12日(水)の終値 2,766 円から6.00%ディスカウントした2,600 円に決まりました。出光興産の仮条件は4.0% ~ 6.0% ディスカウントだったので、これは仮条件下限での決定になります。

仮条件の上限4%のディスカウントでも欲しいと思っていた方にとっては、2%も多くディスカウントされたわけでお得といえそうですが、果たしてそうなのか過去の仮条件下限決定銘柄を見てみたいと思います。

続きを読む →

Pocket

急騰するルネサスエレクトロニクス(6723)の受渡日の株価はいくらか?過去の例を調べてみた。

Pocket

6月13日(火)前日に売出価格が決定したルネサスエレクトロニクス(6723)が急騰し、終値は前日比10.9%高の1,150円でした。これは、売出価格825円からすると、39.4%も高い水準であるため、売出株に当選した方にとっては受渡日の株価が気になるところだと思います。

そこで、過去価格決定後から受渡日前までに急騰した株の受渡日の株価を調べてみます。

もしかすると、ルネサス株は現在売出価格と40%近いかい離があるため、ここまでのかい離があった株はないと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、昨年50%以上かい離が広がった株があったので、その株の受渡日の株価をみてみます。

続きを読む →

Pocket