【PO】オーバーアロットメントによる売出しとは?メリットについて

Pocket

PO(公募増資・売出し)発表の際、「オーバーアロットメントによる売出し」は必ずといっていいほど出てきますが、「オーバーアロットメントによる売出し」って何という方もいるかもしれないので、「オーバーアロットメントによる売出し」とは何か、行われる理由について説明します。

「オーバーアロットメントによる売出し」自体は、IPOにおいても行われていますが、POで特に必要な理由も説明します。

SPONSERD LINK

■オーバーアロットメントによる売出しとは?

需要動向に応じて、主幹事証券会社が売出人となり大株主等(貸株人)から一時的に株を借りて、一般募集と同じ条件で投資家に追加的に販売されるものです。

主幹事証券会社は、貸株人から借りた株を返済するため、安定取引期間(申込期間)及びシンジケートカバー取引期間に市場で買い付けを行うことができます。

オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数のうち、市場で買い付けできなかった株数は、グリーンシューオプション(引受価格と同一の条件で株式の発行者又は保有者より取得することができる権利)を行使し、第3者割当増資を受けるか、追加的に貸株人から株式を買い取ることで返済します。

第3者割当増資による返済か追加的に貸株人から株式を買い取ることで返済かは、PO発表時に決められています。

■メリット

主幹事証券は、オーバーアロットメントによる売出し株数を上限に安定取引期間(申込期間)及びシンジケートカバー取引期間に市場で買い付けを行うことができるため、株価形成が安定することが期待できます。

■POにおいて特に必要な理由

IPOと違いPOの場合、既に上場している株式であるため、申込期間中に発行(売出)価格よりも株価が安くなる可能性があります。そうなると、販売に支障がでる恐れもあるため、申込期間中は発行(売出)価格よりも株価が下に行かないように買い支えを行う必要があります。この取引は安定操作取引と呼ばれ、安定操作期間中は、発行(売出)価格周辺に主幹事証券による厚い買い板がみられます。

厚い買い板は、安定操作期間中だけなので気をつけてください。最近だと、GMO-FHが安定操作期間終了後急落していました。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください