【PO】霞ヶ関キャピタル (3498)が公募増資及び株式の売出しを発表!

スポンサーリンク

2019年10月30日、東証マザーズ上場霞ヶ関キャピタル (3498)が「新株式発行及び株式の売出し」を発表しました。

霞ヶ関キャピタルは、35万株の公募増資及びオーバーアロットメントによる売出しに伴う最大8.5万株の第三者割当増資を行い、金額にして27億円規模の資金調達を実施します。また、会長の小川潤之氏らを売出人として22万株の株式売出しも行います。主幹事はSMBC日興証券です。発行価格等決定日は11月11日(月)から11月14日(木)までのいずれかの日を予定しています。

調達した資金は、18億円を不動産コンサルティング事業におけるアパートメントホテル開発の土地取得及び開発資金に、4億円を認可保育園開発資金に、2億円をタイ・バンコクを中心とした海外不動産開発資金に、3億円を自然エネルギー事業における太陽光発電施設の開発資金に充当する予定です。

11月11日追記
霞ヶ関キャピタルの発行価格は1株につき6,237円(割引率5.50%)、受渡日は11月18日(月)に決まりました。

公募・売出し(PO)情報

銘柄名 霞ヶ関キャピタル
コード番号 3498
上場市場 東証マザーズ
新株発行 350,000株
売出株数 220,000株
OA売出 85,500株
合計 655,500株
希薄化 15.80%
売出株数の割合 8.00%
仮条件 4.5% ~ 6.5% ディスカウント
発行価格決定日 11月11日(月)~11月14日(木)のいずれかの日に決定
条件決定日 11月11日(月)
発行価格(ディスカウント率 ) 6,237円(5.50%)
受渡予定日 11月18日(月)~11月21日(木)のいずれかの日
受渡日 11月18日(月)
受渡日始値(発行価格比) 未定(%)
調達資金使途 アパートメントホテル開発の土地取得及び開発資金
認可保育園開発資金
タイ・バンコクを中心とした海外不動産開発資金
太陽光発電施設の開発資金
売出人及び株数 小川潤之 100,000 株
加藤裕司 90,000 株
河本幸士郎 30,000 株

幹事

  証券会社名 引受株式数
主幹事 SMBC日興証券 427,500株
引受人 みずほ証券 114,000株
引受人 SBI証券 39,900株
引受人 いちよし証券 28,500株
引受人 大和証券 28,500株
引受人 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 17,100株

カブドットコム証券でもお申し込み可能です。(11月1日追記)

企業情報

事業内容 東日本大震災の被災ショッピングセンター再生で創業。自然エネルギー、不動産コンサルへ
信用/貸借 信用
株主優待 5,000円~10,000円相当のクオカード

投資指標

2019年10月30日時点

株価 6,330円
時価総額 175億円
PER 17.71倍
PBR 11.20倍
配当利回り 0.00%

霞ヶ関キャピタルのPO評価(管理人の参加について)

霞ヶ関キャピタルが公募増資及び株式売出しを発表しました。1株利益の希薄化や株式需給の悪化が懸念されます。

POについては、マザーズの小型の信用銘柄となっているので不参加の予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました