【PO】HEROZ (4382)が公募増資及び株式の売出しと東証本則市場への市場変更を発表!

スポンサーリンク

2019年12月6日、東証マザーズ上場HEROZ (4382)が「新株式発行及び株式の売出し」、「東京証券取引所における上場市場の変更」及び「株式分割及び定款の一部変更」を発表しました。

HEROZは、33万株の公募増資を行い、金額にして40億円規模の資金調達を実施します。また、代表取締役の林隆弘氏及び取締役の高橋知裕氏を売出人として56万株の株式の売出し及び最大13万株のオーバーアロットメントによる売出しも実施します。主幹事はSMBC日興証券です。発行価格等決定日は12月16日(月)から12月18日(水)までのいずれかの日を予定しています。売出し株の一部は海外でも募集されます。

調達した資金は、 AI 領域における優秀なエンジニア等の増員に係る人材採用関連費用、サーバ等設備への投資資金及び外部サーバ使用時の通信費、オフィス増床の為の敷金及び費用等、当社事業に応用可能な周辺技術を有する企業等への投融資資金、運転資金に充当する予定です。

HEROZは、12月25日(水)をもって東証マザーズから東証1部or2部に市場変更する予定です。また、2020年1月31日を基準日として1株につき2株を割り当てる株式分割を実施する予定です。

12月16日追記
HEROZの発行価格は1株につき12,153 円(割引率4.00%)、受渡日は12月25日(水)、市場変更先は東証1部に決まりました。

公募・売出し(PO)情報

銘柄名 HEROZ
コード番号 4382
上場市場 東証マザーズ⇒東証1部
新株発行 335,400株
売出株数 563,000株
OA売出 134,600株
合計 1,033,000株
希薄化 4.8%
売出株数の割合 9.9%
仮条件 3.0% ~ 6.0% ディスカウント
発行価格決定日 12月16日(月)~12月18日(水)のいずれかの日に決定
条件決定日 12月16日(月)
発行価格(ディスカウント率 ) 12,153 円(4.00%)
受渡日 12月25日(水)
受渡日始値(発行価格比) 11,690円(-3.8%
調達資金使途 AI 領域における優秀なエンジニア等の増員に係る人材採用関連費用
サーバ等設備への投資資金及び外部サーバ使用時の通信費
オフィス増床の為の敷金及び費用等
当社事業に応用可能な周辺技術を有する企業等への投融資資金
運転資金
売出人及び株数 林隆弘 281,500株
高橋知裕 281,500株

幹事

  証券会社名
主幹事 SMBC日興証券
引受人 野村證券
引受人 大和証券
引受人 みずほ証券
引受人 クレディ・スイス証券
引受人 いちよし証券

企業情報

事業内容 AI技術強みに市場予測などBtoBサービスを提供、『将棋ウォーズ』など頭脳ゲームアプリも
信用/貸借 信用
株主優待 なし

投資指標

2019年12月6日時点

株価 11,300円
時価総額 792億円
PER 225.23倍
PBR 38.37倍
配当利回り 0.00%

HEROZのPO評価(管理人の参加について)

HEROZが公募増資及び株式の売出しを発表しました。1株利益の希薄化や株式需給の悪化が懸念されます。

東証本則市場への市場変更については好感されそうです。

POについては、信用銘柄なので不参加の予定です。

関連記事>>信用銘柄のPO(公募増資・売出)に参加しない理由

関連記事>>【公募増資】1年後の株価から見た、良い増資・悪い増資【2017年】

コメント

タイトルとURLをコピーしました