【PO】梅の花 (7604)が公募増資及び自己株式の処分並びに株式売出しを発表!

Pocket

2018年6月8日(金)東証2部上場梅の花 (7604)が「新株式発行及び自己株式の処分並びに株式売出し」を発表しました。

梅の花は、57万株の公募増資及び43万株の自己株式の処分並びにオーバーアロットメントによる売出しに伴う最大15万株の第三者割当増資を行い、金額にして30億円規模の資金調達を実施します。主幹事はみずほ証券です。発行価格等決定日は6月18日(月)から6月20日(水)までのいずれかの日を予定しています。

調達した資金は、「連結子会社への投融資資金」、「生産設備の拡充及び新規出店のための設備投資資金」、「短期借入金の返済資金」に充当する予定です。連結子会社への投融資資金の具体的な使途は、新規出店及び既存店舗の 改装のための設備投資資金、新規出店資金及び京都セントラルキッチン(以下「京都CK」という。)新設のための建物・生産設備資金に充当する予定です。

6月18日追記
発行価格は1株につき2,821円、受渡日は6月26日(火)に決まりました。

SPONSERD LINK

■公募・売出し(PO)情報

銘柄名梅の花
コード番号7604
上場市場東証2部
新株発行570,000株
自己株式の処分430,000株
売出株数0株
OA売出150,000株
合計1,150,000株
希薄化16.8%
自己株式を除いた発行済み株式総数に対する売出株数の割合0%
仮条件3.5% ~ 5.5% ディスカウント
発行価格決定日6月18日(月)~6月20日(水)のいずれかの日に決定
条件決定日6月18日(月)
発行価格(ディスカウント率 )2,821円(3.52%)
受渡予定日6月26日(火)~6月28日(木)のいずれかの日
受渡日6月26日(火)
受渡日始値(発行価格比)2,859円(+1.3%
調達資金使途連結子会社への投融資資金
生産設備の拡充及び新規出店のための設備投資資金
短期借入金の返済資金

■幹事

証券会社名割合
主幹事みずほ証券90%
幹事野村證券10%

■企業情報

事業内容高級和食店『梅の花』が主力。デパ地下向け持ち帰りずし『古市庵』も。H2Oリテイリングと提携
信用/貸借信用
株主優待あり
株主優待証と優待券

■投資指標

2018年6月8日時点

株価2,972円
時価総額222億円
PER143倍
PBR3.48倍
配当利回り0.17%

■梅の花のPO評価(管理人の参加について)

梅の花が公募増資及び自己株式の処分を発表しました。1株利益の希薄化や株式需給の悪化が懸念されます。流動性が乏しく、直近5日間の平均出来高は3,400株しかありません。

POについては、信用銘柄で需給懸念も大きいため不参加の予定です。

優待人気が高く、例年3月、9月の権利確定日に向けて上昇していく傾向があります。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください