【海外PO】リクルートホールディングス (6098)が株式の海外売出しを発表!

2020年11月30日、東証1部上場リクルートホールディングス (6098)が「株式の海外売出し 」を発表しました。

リクルートホールディングスは、海外で最大9,472万株の売出しを実施します。11月30日の終値で計算すると金額にして4,167億円規模の売出しです。売出価格等決定日は12月2日(水)から12月3日(木)までの間のいずれかの日を予定しています。主幹事はMerrill Lynch International 及び Morgan Stanley & Co. International plcです。

売出人は、株式会社電通グループ、凸版印刷株式会社、株式会社TBSテレビ等です。

12月2日追記

リクルートホールディングスの売出価格は1株当たり3,947円 (割引率3.02%)、受渡日は12月4日(金)に決まりました。

スポンサーリンク

公募・売出し(PO)情報

銘柄名 リクルートホールディングス
コード番号 6098
上場市場 東証1部
新株発行 0株
売出し 86,111,300株
OA売出し 8,611,200株
合計 94,722,500株
希薄化 0.0%
売出株数の割合 5.7%
売出価格等決定日 12月2日(水)~12月3日(木)までの間のいずれかの日
条件決定日 12月2日(水)
売出価格(ディスカウント率) 3,947円(3.02%)
受渡予定日 12月4日(金)~12月7日(月)
受渡日 12月4日(金)
受渡日始値(売出価格比) 4,071円(+3.1%)
売出人及び売出株数 株式会社電通グループ 43,376,000株
凸版印刷株式会社 20,512,800株
株式会社 TBS テレビ 8,332,500株
図書印刷株式会社 4,500,000株
日本テレビ放送網株式会社 4,000,000株
株式会社フジ・メディア・ホールディングス 2,500,000株
株式会社博報堂 DY ホールディングス 1,890,000株
株式会社野村総合研究所 1,000,000株
スポンサーリンク

幹事

国内での募集はありません。

企業情報

事業内容 HRテクノロジー、メディア&ソリューション、人材派遣
信用/貸借 貸借
株主優待 なし

投資指標

2020年11月24日時点

株価 4,400円
時価総額 7兆4,622億円
PER 77.99倍
PBR 6.94倍
配当利回り 0.43%

特記事項(自己株式取得)

リクルートホールディングスは、売出しと同時に自己株式取得に係る事項の決定についても発表しています。

取得株式の総数2,000万株(発行済株式総数(自己株式を除く。)に対する割合1.21%)、取得価額の総額700億円をそれぞれ上限とし、売出しの受渡日の翌営業日から2021年2月26日(金)までの期間で投資⼀任⽅式による株式会社東京証券取引所における市場買付けを行います。

リクルートホールディングスのPO評価(管理人の参加について)

リクルートホールディングスが売出しを発表しました。1株利益の希薄化はありませんが、株式需給の悪化が懸念されます。売出しを行うのは1年ぶりです。前回は国内募集もありましたが、今回は海外のみです。

POについては、海外のみの募集となっているため国内からは参加できません。

タイトルとURLをコピーしました