【PO】ラクス (3923)が株式売出しと東証1部への昇格を発表!

2021年2月19日、東証マザーズ上場ラクス (3923)が「株式の売出し」と「東京証券取引所市場第一部への上場市場変更承認」を発表しました。

ラクスは、国内外で620万株の売出し及び93万株のオーバーアロットメントによる売出しを実施します。2月19日の終値で計算すると、金額にして117億円規模の売出しです。主幹事はみずほ証券です。売出価格等決定日は3月2日(火)から3月4日(木)までのいずれかの日を予定しています。

売出人は、松嶋 祥文(取締)、中村 崇則(社長)、公手 真之、野島 俊宏、小川 典嗣、株式会社 Kips、ノジックス株式会社、八幡 恭輔、浅野 史彦、松岡 宏治、宮内 貴宏、吉田 雅行です。

なお、ラクスは、3月11日をもちまして、上場市場が東京証券取引所マザーズ市場から、東京証券取引所市場第一部へ市場変更されることとなりました。

スポンサーリンク

公募・売出し(PO)情報

銘柄名 ラクス
コード番号 3923
上場市場 東証マザーズ⇒東証1部
新株発行 0株
売出 6,207,800株
国内 未定
OA売出 931,100株
合計 7,138,900株
希薄化 0.0%
売出株数の割合 3.9%
仮条件 3.0% ~ 5.0% ディスカウント
売出価格決定日 3月2日(火)~3月4日(木)のいずれかの日に決定
条件決定日 未定
売出価格(ディスカウント率 ) 未定(%)
受渡予定日 3月11日(木)
受渡日 3月11日(木)
受渡日始値(売出価格比) 未定()
売出人及び売出株数 松嶋 祥文 2,500,000株
中村 崇則 1,568,800株
公手 真之 800,000株
野島 俊宏 400,000株
スポンサーリンク

幹事

  証券会社名
主幹事 みずほ証券
引受人 野村證券
引受人 いちよし証券
引受人 大和証券

マネックス証券からもお申し込みできます。(2月22日追記)

企業情報

事業内容 クラウドとIT人材派遣
信用/貸借 貸借
株主優待 なし

投資指標

2021年2月19日時点

株価 1,650円
時価総額 2,990億円
PER 109.93倍
PBR 43.16倍
配当利回り 0.10%

ラクスのPO評価(管理人の参加について)

ラクスが株式の売出しを発表しました。株式需給の悪化が懸念されますが、売出株数は少ないです。

東証1部への昇格は好感されそうです。

POについては、大型の貸借銘柄なので参加予定です。

関連記事>>貸借銘柄のPO(公募増資・売出)に参加する理由

タイトルとURLをコピーしました