日本郵政 (6178)の第3次売出し年内にも実施か?主幹事証券会社の選定手続の開始!

Pocket

2019年4月9日(火)、財務省は日本郵政 (6178)株式の第3次売出し準備として主幹事証券会社の選定手続を開始することを発表しました。

日本郵政株式の第3次売り出し自体は既定路線で、いつ実施されるのかが問題とされてきましたが、主幹事証券会社の選定手続が開始されたのでそう遠くないうちに実施されそうです。

前回の第2次売り出しの時は、2017年1月16日に主幹事証券会社の選定手続を開始して、2017年9月11日に売り出しを発表していました。同様のスケジュールであれば、早ければ年内にも第3次売出しが発表される見通しです。

実際の売出し時期等については、未定であり、主幹事証券会社を決定した後、市場情勢等を総合勘案したうえで決定されることになります。現在の日本郵政の株価は1,286円なので、IPO時の公開価格1,400円、第2次売出しの売出価格1,322円どちらも下回っています。

SPONSERD LINK

■前回の売り出しまでの日本郵政株の株価推移

2015年11月4日上場時

公開価格は1,400円

初値は1,631円

2017年1月16日主幹事証券会社の選定手続を開始

出来高を伴って下落しているので、取引時間中にニュースがあったかもしれないです。

始値は1,473円

終値は1,408円

日経平均株価の終値は19,061円

三菱UFJフィナンシャル・グループの終値は726円

主幹事証券会社の選定手続後~実際の発表前まで

高値は1,515円(2017年3月16日)

安値は1,278円(2017年4月20日)

2017年9月11日第2次売出しの実施を発表

終値は1,321円

日経平均株価の終値は19,437円

三菱UFJフィナンシャル・グループの終値は661.2円

2017年9月29日第2次売出し株式の受渡日

始値は1,309円

終値は1,329円

日経平均株価の終値は20,356円

三菱UFJフィナンシャル・グループの終値は730.7円

■日本郵政の第3次売出への管理人の参加について

実際に発表された場合は、大型の貸借銘柄なので参加する予定です。

前回は価格決定日前に売り禁になりましたが、前回の売出を受けて機関投資家の保有割合も増えているので簡単には売り禁にならないとみられます。

前回の第2次売出の時の国内主幹事は、大和証券、野村證券、みずほ証券及び三菱UFJモルガン・スタンレー証券でした。株数が多かったので、主幹事以外からも当選は容易でした。ネット系の証券会社だと、SBI証券マネックス証券松井証券カブドットコム証券岡三オンライン証券などから申し込みできました。

関連記事>>日本郵政 の株式の売出しの結果

関連記事>>貸借銘柄のPO(公募増資・売出)に参加する理由

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください