SBI証券がPO銘柄購入でIPOチャレンジポイントプレゼントキャンペーン実施!

Pocket

ブックビルディング参加による公募増資・売出(PO)銘柄購入でIPOチャレンジポイントプレゼント

SBI証券 は、2017年7月20日(木)より2017年10月31日(火)までの期間限定で、SBI証券のWEBサイトから公募増資・売出(PO)ブックビルディングに申し込み、「当選(補欠当選)購入した方」「補欠当選し、購入意思確認をしたが繰上当選にならなかった方」を対象にIPOチャレンジポイント最大11ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施することを発表しました。

2015年11月18日(水)~2016年3月31日(木)の期間にも同様のキャンペーンを実施しておりそれ以来となります。

7月18日(火)に発表されたイデアインターナショナル (3140)の公募増資の主幹事に久しぶりにSBI証券がなっていましたが、人気がなさそうだったので、それのテコ入れのためのキャンペーン実施でしょう。

SPONSERD LINK

キャンペーン概要

キャンペーンの概要については、SBI証券のサイトで確認できます。

ブックビルディング参加による公募増資・売出(PO)銘柄購入でIPOチャレンジポイントプレゼント キャンペーン概要

基本的にSBI証券のPOだと、いきなり落選することはなく補欠以上になるので、購入の意思表示さえすれば最低でも1ポイントは貰えます。

IPOチャレンジポイントとは?

新規上場株式(既上場銘柄の公募増資・売出は除く)のブックビルディング後の抽選・配分に外れた回数に応じてIPOチャレンジポイントが加算されます。次回以降のIPOお申し込み時に、IPOチャレンジポイントをご使用いただくことによりIPOが当選しやすくなるSBI証券のポイントプログラムサービスです。

世間的には、1ポイント2,000円~4,000円くらいの価値があると言われています。保守的に見ても1,500円の価値はあるでしょう。

昨年、私はエルテスに使い、結果的に1ポイント1,800円くらいで使用したことになりました。

公募増資・売出(PO)銘柄購入で儲かるのか?

銘柄によるとしか言えませんが、SBI証券主幹事銘柄に関してはハッキリ言って儲かりません。

主幹事がSBI証券の公募増資銘柄には参加しない方がいい?

2015年以降のSBI主幹事銘柄すべてが受渡日に公募割れしています。

過去のPO結果が見たい場合

2017年PO結果

2016年PO結果

前回のキャンペーン期間中に対象となる銘柄はいくつあったか?

前回の期間は、2015年11月18日(水)~2016年3月31日(木)までと今回よりも1か月ほど期間が長くありましたが、対象となったのは7銘柄でした。そのうちの2銘柄はSBI証券が主幹事でした。

IPOと違いPOだと、SBI証券が幹事に入ることはそれほど多くありません。

キャンペーン期間中の対象銘柄の結果

受渡日コード銘柄名主幹事発行価格受渡日の始値騰落率ポイント単価
2017/8/33140イデアインターナショナル SBI証券1,2471,081-13.3%-8,300円
20178/189980マルコSBI証券416381-8.4%-1,750円

※ポイント単価については、100株当選し購入した場合の受渡日始値時点でのIPOチャレンジポイント1ポイント当たりの損益です。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です