【PO】新生銀行 (8303)が株式の売出しを発表!

スポンサーリンク

2019年8月8日、東証1部上場新生銀行 (8303)が「株式売出し及び主要株主である筆頭株主の異動」を発表しました。

新生銀行の筆頭株主である投資ファンドのJCフラワーズを売出人として、4,353万株の売出し及び最大208万株のオーバーアロットメントによる売出しを実施します。8月8日の終値で算出すると金額にして742億円規模の売出です。主幹事は野村證券、シティグループ証券及びメリルリンチ日本証券です。売出価格等の決定日は、8月20日(火) から8月23日(金)までのいずれかの日を予定しています。売出し株式の一部2,965万株は、海外売出しとなる予定です。

今回の売出し後、投資ファンドのJCフラワーズは筆頭株主に該当しなくなる予定です。

なお、新生銀行は、2019年5月15日に取得株式の総数2,350万株(発行済株式総数(自己株式を除く。)に対する割合9.58%)、取得価額の総額235億円をそれぞれ上限とし、2019年5月16日から 2020年3月31日まで自己株式の取得を行うことを発表していますが、2019年8月9日からグローバル・オファリングに係る受渡期日までは自己株式の取得を行いません。

5月16日から8月7日までの間に386万株(進捗状況16%)、63億円(進捗状況27%)の自己株式の取得を行っています。

8月20日追記
新生銀行の売出価格は1株につき1,387円(割引率3.01%)、受渡日は8月27日(火)に決まりました。4,353万株の売出し株数のうち1,160万が国内分となっています。

公募・売出し(PO)情報

銘柄名新生銀行
コード番号8303
上場市場東証1部
新株発行0株
売出株数43,535,000株
国内11,602,700株
海外31,932,300株(追加分含む)
OA売出2,082,500株
合計45,617,500株
希薄化0%
自己株式を除いた発行済み株式総数に対する売出株数の割合18.9%
仮条件3.0% ~ 5.0% ディスカウント
売出価格決定日8月20日(火)~8月23日(金)のいずれかの日に決定
条件決定日8月20日(火)
売出価格(ディスカウント率 )1,387円(3.01%)
受渡予定日8月27日(火)~8月30日(金)のいずれかの日
受渡日8月27日(火)
受渡日始値(売出価格比)未定(
売出人及び売出株数Saturn Ⅳ Sub L.P. 29,500,500株
J. Christopher Flowers 7,324,500株
Saturn Japan Ⅲ Sub C.V. 2,801,700株
Saturn Japan Ⅱ Sub C.V. 2,012,700株
SATURN Ⅰ SUB (CAYMAN) EXEMPT LTD. 1,842,500株
Thierry Georges Porte 53,100株

幹事(国内)

証券会社名
主幹事野村證券
主幹事シティグループ証券
主幹事メリルリンチ日本証券

企業情報

事業内容旧長銀。消費者金融レイクが柱。法人向け仕組み金融も
信用/貸借貸借
株主優待なし

投資指標

2019年8月8日時点

株価1,627円
時価総額4,214億円
PER-倍
PBR0.44倍
配当利回り-倍

新生銀行のPO評価(管理人の参加について)

新生銀行が株式の売出しを発表しました。希薄化はありませんが、株式需給の悪化が懸念されます。

POについては、大型の貸借銘柄なので参加する予定です。

参考記事>>貸借銘柄のPO(公募増資・売出)に参加する理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました