【PO】パソナグループ (2168)が自己株式の処分及び株式売出しを発表!

Pocket

2018年5月7日(月)東証1部上場パソナグループ (2168)が「自己株式の処分及び株式売出し」を発表しました。

パソナグループは、200万株の自己株式の処分及びオーバーアロットメントによる売出しに伴う最大30万株の第三者割当による自己株式の処分を行い、金額にして40億円規模の資金調達を実施します。主幹事は大和証券です。処分価格等決定日は5月15日(火)から5月18日(金)までのいずれかの日を予定しています。

調達した資金は、連結子会社である株式会社パソナ及び株式会社Job‐Hubへの投融資資金、グループの事業運営のために借り入れた借入金の返済資金の一部に充当する予定です。株式会社パソナへの投融資資金は、エキスパートサービス事業・インソーシング事業・キャリアソリューション事業におけるHRテック領域に係る新サービス構築又はITシステム基盤強化等を目的としたシステムの開発・改修に係る設備投資資金に充当する予定です。

5月15日追記
処分価格は1株につき1,715円、受渡日は5月23日(水)に決まりました。

SPONSERD LINK

■公募・売出し(PO)情報

銘柄名パソナグループ
コード番号2168
上場市場東証1部
新株発行0株
自己株式の処分2,000,000株
売出株数0株
OA売出300,000株
合計2,300,000株
希薄化6.2%
自己株式を除いた発行済み株式総数に対する売出株数の割合0%
仮条件3.0% ~5.0% ディスカウント
処分価格決定日5月15日(火)~5月18日(金)のいずれかの日に決定
条件決定日5月15日(火)
処分価格(ディスカウント率 )1,715円(3.05%)
受渡予定日5月23日(水)~5月28日(月)のいずれかの日
受渡日5月23日(水)
受渡日始値(処分価格比)1,735円(+1.2%)
調達資金の使途連結子会社への投融資資金
借入金の返済資金

■幹事

証券会社名割合
主幹事大和証券80%
幹事野村證券7%
幹事SMBC日興証券7%
幹事みずほ証券6%

■企業情報

事業内容人材派遣の先駆で業界3位。業務請負育成。上場子会社・福利厚生代行が稼ぎ頭。
信用/貸借貸借
株主優待なし

■投資指標

2018年5月7日時点

株価1,874円
時価総額781億円
PER69.0倍
PBR3.66倍
配当利回り0.64%

■パソナグループのPO評価(管理人の参加について)

パソナグループが自己株式の処分を発表しました。1株利益の希薄化や株式需給の悪化が懸念されます。先月の決算発表後の急落から持ち直しつつあったところだったので残念です。

POについては、貸借銘柄なので参加する予定です。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です