【PO】カワニシホールディングス (2689)が自己株式の処分及び株式の売出しと東証1部への昇格を発表!

2020年2月21日、東証2部上場カワニシホールディングス (2689)が「自己株式の処分及び株式売出し」と「東京証券取引所市場第一部指定承認」を発表しました。

カワニシホールディングスは、40万株の自己株式の処分及び最大9.7万株のオーバーアロットメントによる売出しに伴う自己株式の処分を行い、金額にして5.7億円規模の資金調達を実施します。また、筆頭株主である(株)マスプを売出人として25万株の株式売出しも同時に実施します。主幹事は大和証券です。処分価格等決定日は3月3日(火)から3月6日(金)までのいずれかの日を予定しています。

カワニシホールディングスは、3月13日(金)をもって東証1部市場へ昇格する予定です。

3月3日追記
カワニシホールディングスの処分価格は1株当たり1,062円(割引率4.58%)、受渡日は3月13日(金)に決まりました。

公募・売出し(PO)情報

銘柄名 カワニシホールディングス
コード番号 2689
上場市場 東証2部⇒東証1部
自己株式の処分 402,200 株
売出株数 250,000 株
OA売出 97,800 株
合計 750,000 株
希薄化 8.7%
売出株数の割合 4.4%
仮条件 4.5% ~ 6.5% ディスカウント
処分価格等決定日 3月3日(火)~3月6日(木)のいずれかの日に決定
条件決定日 3月3日(火)
処分価格(ディスカウント率 ) 1,062円(4.58%)
受渡予定日 3月13日(金)
受渡日 3月13日(金)
受渡日始値(処分価格比) 881円(-17.0%
売出人及び株数 (株)マスプ 250,000 株

幹事

  証券会社名
主幹事 大和証券
引受人 SMBC日興証券

企業情報

事業内容 中国、四国の医療機器、医療材料の卸業者3社が合併。試薬取り扱いや介護などの事業も強化
信用/貸借 貸借
株主優待 クオカード

投資指標

2020年2月21日時点

株価 1,345円
時価総額 84億円
PER 24.90倍
PBR 1.13倍
配当利回り 2.97%

カワニシホールディングスのPO評価(管理人の参加について)

カワニシホールディングスが自己株式の処分を発表しました。1株利益の希薄化や株式需給の悪化が懸念されます。

東証1部への昇格については好感されそうです。

POについては、小型ですが貸借なので参加予定です。小型なので売り禁になる恐れがあります。

関連記事>>貸借銘柄のPO(公募増資・売出)に参加する理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました