【PO】マクニカ・富士エレホールディングス (3132)が公募増資、自己株式の処分及び株式の売出しを発表!

Pocket

2018年3月2日(金)東証1部上場マクニカ富士エレHD (3132)が「新株式発行、自己株式の処分及び株式の売出し」を発表しました。

マクニカ富士エレHDは、最大402万株の新株式発行及び423万株の自己株式の処分を行い、金額にして224億円規模の資金調達を実施します。また、会長の神山治貴氏らを売出人として793万株の株式売出しも実施します。主幹事はSMBC日興証券。発行価格等決定日は3月12日(月)から3月15日(木)までのいずれかの日を予定しています。

調達した資金は、取引の拡大や販売先からの商品の長期安定供給要請等において売上及び在庫が増加することに伴い、発生する増加運転資金の一部に充当する予定です。

3月12日追記
発行価格は1株につき1,983円、受渡日は3月20日(火)に決まりました。なお、総発行株数が変更されました。国内販売の発行株式4,570,000株、海外販売の発行株式1,570,000株です。発行株数は変更されていませんでした。

増資発表前2,813円だった株価が、本日の終値2,045円まで急落していました。

SPONSERD LINK

■公募・売出し(PO)情報

銘柄名マクニカ・富士エレホールディングス
コード番号3132
上場市場東証1部
新株発行1,909,100株
国内1,124,100株
海外785,000株
自己株式の処分4,230,900株
国内3,445,900株
海外785,000株
売出株数7,935,800株
OA売出2,111,300株
合計16,187,100株
希薄化15.2%
自己株式を除いた発行済み株式総数に対する売出株数の割合14.6%
仮条件3.0% ~6.0% ディスカウント
発行価格決定日3月12日(月)~3月15日(木)のいずれかの日に決定
条件決定日3月12日(月)
発行価格(ディスカウント率 )1,983円(3.03%)
受渡日3月20日(火)
受渡日始値(発行価格比)1,953円(-1.5%)
調達資金の使途運転資金
売出人、売出し株数神山治貴 5,935,800株
有限会社ケイ・アイ・シー 2,000,000株

■幹事

証券会社名割合
主幹事SMBC日興証券100%

■企業情報

事業内容独立系の半導体商社としては国内トップ級。技術発掘力に強み。セキュリティ製品も展開
信用/貸借貸借
株主優待あり
クオ・カードやカタログギフト

■投資指標

2018年3月2日時点

株価2,813円
時価総額1,653億円
PER15.4倍
PBR1.40倍
配当利回り1.78%

■マクニカ富士エレHDのPO評価(管理人の参加について)

マクニカ富士エレHDが公募増資を発表しました。希薄化率は15%程度と普通ですが、売出し株もそれなりの規模あり合計すると現在の発行済み株式総数の3割近くに及ぶため需給悪化懸念が大きいです。

POについては、時価総額がそこそこ大きい貸借銘柄なので参加する予定です。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です